好きなミュージシャン・歌手

音楽のアンテナとは人それぞれなので、自分がめちゃ良いと思ってるものがそれほど評価されなかったり、全然良くないと思っているものがめちゃめちゃ好評価だったり、正直あてにならないなと思います。

それぞれが良いと思っているものを聴けば良いんだなぁと思います。

 

自分の歌は聴きたいと思った時に聴いてもらえれば良いし(もちろんお客さんには来て欲しいが・・・)、義理でライブに来て貰うのももはや悪いなと思ってしまうし(世の中がそういう互助会で成り立ってるのも知っているが)、「行けなくてごめんね」って言われても「え、別に予約してたわけじゃないし全然大丈夫なんだけど・・・」と思ってしまうし、なんだかいろいろ難しいなぁと思う。

宣伝はしなくちゃいけないけど、興味のない人にとっては、届くfbの招待やら、返信しなくちゃいけないメールの告知やら、面倒くさいんだろうなぁと思います。ちなみに最近は、義理でライブ行くのやめました。義理で来て貰うのも悪いから。本当にふと、聴きたいなぁと思った時に行くことにしました。

 

自分自身の集客については難しいところだけど、来てもらえないなら来てもらえないで、内容や自分自身がそれほど魅力的ではないのかもしれないし、告知が足りないのかもしれないし、お店の立地条件や時間帯のためお客さんが来にくいのかもしれない。

本当に難しいならやめればよいし、ライブをやるという形以外にも歌を聴いてもらう方法はあるにはある(動画を上げるのもその一つだよね)。ただし、歌を歌えることと、ライブをすることは別物だと思っているので、ライブをもし聴きたいと思ってくれる人がいるならばなんらかの形で続けたい。

 

歌そのものについては、前より楽に声が出せて、響きが作れるようになった気がしている。

音楽的な理解についてはほぼ初心者。

ピッチの重要性。リズムの重要性。

 

この数年クラシック・ジャズを含めて沢山音楽を聴いたけれど、印象に残っているのは、

クラシック:ウィーンフィルxドゥダメル、シュトイデ・カルテット、ユジャ・ワン(コンチェルトとリサイタル)、バッティストーニ(指揮者)、エマニュエル・パユ、アンナ・ネトレプコ(リサイタル、他MET)

クラシックを聴くのは自分のコンディションを整えないといけないという側面もあるし、周囲の環境やら雑音やらの影響で集中できないことも多い。いろいろな条件が良く釣り合って感動するんだと思う。

 

自分自身は好きなシンガーとして、ピッチが正確である・声の響きが豊かである(奥行きがある、声帯がしまった声がする、使いわけが出来ている)・即興性がありそれが音楽的である、みたいなことがあげられて、自分もそうなれたらよいなぁと思います。

 

いろいろ聴いたけど、いしかわさなえさんの歌は昔から一番すきだし、ライブを聴いた中だとなめかわさをりさんがとても好きでした。あとはなまで見たことないけど、シミズミドリさん聴いてみたいです^^あとアン・サリーさまは永遠のアイドルでし!

スポンサーサイト

コメント