ライブについて思うこと

(※こう書いてますけどライブのお誘いは大歓迎だし私も誘いますよ!)

 

ライブをする、ということについて。

 

思うようにいかない時や、違ったスタイルの時もあるけど、ライブにその日思い立って、とか予定が空いたので、とかでふらっと来てもらうのが一番嬉しいかもしれない。義理とか、誘われたから行かなきゃ、じゃなくて、純粋にその日のその人がそれを求めて、音楽を聴きに来てくれるのが嬉しい。それは(殆どの場合)予約やチケットを必要としない、ジャズライブだからこそ出来る在り方だと思う。

 

自分も人のライブに行く時はそうしたいし、自分のライブも、その時に私の音楽を必要としてくれている人に向けたものでありたい。

そうでなければ長くは続けられないと思う。

だから一緒に演奏してくれる共演者も、出演させてもらっているお店もとても大事。

 

もちろん、お客さんに沢山来てもらうことも大事だし、そうだったら嬉しい。

 

わたしは何のためにライブをするのだろう?

 

続けていると見えてくることがあるかもね。

 

 

スポンサーサイト

コメント