CÉCILE McLORIN SALVANT@Blue Note

セシル・マクロリン・サルヴァントの公演を聴きにBlue Noteまでいってきました。

24日(土)の1stの公演に行ったので、東京公演では第一回目の公演。

セットリストは公式サイトより拝借。

 

1st
1.    COME BACK TO ME
2.    ON THE STREET WHERE YOU LIVE
3.    TELL ME WHAT THEY’RE SAYING CAN’T BE TRUE
4.    WIVES AND LOVERS
5.    ALL THROUGH THE NIGHT
6.    I’M ALL SMILES
7.    LONELY TOWN
8.    NOTHING LIKE YOU
9.    MAD ABOUT THE BOY
10.    I WISH I COULD SHIMMY LIKE MY SISTER KATE
11.    ISN’T IT ROMANTIC
EC.    NO OTHER LOVE - SOLO

Aaron Diehl(p)
Paul Sikivie(b)
Kyle Poole(ds)

 

結構知らない曲が多かったのですが、コントロールされた声質・音量・フレージングが素晴らしかった。

2番はよく歌われるスタンダードですが、2コーラス歌が続いても飽きることなく、管楽器のようなフレージングが美しかったです。

あまり良い例えではないかもですが、R&B的な歌の上手さ・ジャズ的な自由さ(管楽器的)・高音になった際のクラシックのような声の美しさ(ファルセットではなくmix voiceでありつつ)が相まってとても芸術的でした。

 

特にアンコールはショパンの別れの曲に歌詞をつけたヴァージョンだったのですが、アカペラで歌いきっていました。

言葉を歌いつつ、声をコントロールしつつ、しかも声一本だけで魅せるというのは凄いです!クラシックをやっていたのかな、と思ってwikipediaを見てみたら、やはり小さい頃よりコーラスをやっていて、その後クラシックの勉強もしてるみたい。息も混ぜすぎず、キンキンしない心地良い声でした。

 

この後は中野にセッションに行って終電間際まで楽しい夜を過ごせました^^

スポンサーサイト

コメント