ヴォーカルについて思うこと。特にジャズ

ジャズヴォーカルに流れつく人というのはいろんなタイプの人がいると思う。ポップスをやっていた人、ロックをやっていた人、クラシックをやっていた人、ミュージカルをやっていた人、ジャズの楽器をやっていた人、演劇をやっていた人、ひょんなことから大学でジャズ研に入った人、純粋にジャズが好きな人、など。どの音楽をやっていた人でも、その人のバックグラウンドが見えて面白い。もちろんそれがウィークポイントになることもあるけれど。自分は高校の頃、合唱を少しだけやっていた時に受けたヴォイトレがクラシック方式だったし、クラシックもオペラもよく聴いているから、まぁクラシックをやっていた、と言っても良いのかもしれない。大学でジャズ研に少しだけ顔を出し始めたのは本当に偶然だったので、今こんなにジャズを聴くようになるとは思わなかった。

 

最近自分の歌について思うことは、ピッチ(音程)が良くないなぁということだ。前は、まぁ問題ないと思って聴いていた自分の録音が、少しピッチがズレて聴こえる(これはまぁ進歩と言っても良いのかもしれない)。世の中にはいろいろな歌い手がいて、個性を前面に出して歌う(その人のありのままが一番最高)タイプだったり、ウィスパーヴォイスで語りかける人もいたり、シャウトしてギターを壊す人もいるのかもしれないが、少なくともジャズにおいてはピッチにゆらぎがあるのは致命的なことなんだろうな、と思う。ピッチが正しくなくても良い歌を歌う人もちろんいるけれど、それは厳密に言うとジャズ的な歌にはならないようにも思う。

 

誰だって未熟な部分がある。出来ていないことがある。ライブで演奏する以上は歌詞を間違えたり、思うように歌えないことだってたくさんある。だけど、自分に甘いところがあるといつまでたっても上手くならない(いろんな意味で)、と思う。

 

ということで今年の目標

・ピッチ(音感)を良くする

・英語力(語彙)を磨く。英語の読書をたくさんする。

・やりたい曲・やってみたかった曲をたくさんやる。

 

以上

スポンサーサイト

コメント