METライブビューイング「トスカ」をみました。

METのライブビューイング「トスカ」を観て来た(2/24)。

本当は観るつもりはなかったのですが(長いし予習する時間もなかったので)、友達に誘われたので行くことになった。

 

内容は予習していかなかったので、あらすじも分からなかったし、「これが一般的にはどんな風に演奏されるものなのか」という先入観がなかったので、逆に良かったかもしれない。

今までそう多くはないけれど、オペラというものに触れてみて分かったことは、オペラというのは基本、観る側にも忍耐が必要なものなのだ、ということだ。ひたすら感情を引き伸ばして歌う音楽と、100年以上前と変わらない脚本とサウンドを使って作られる舞台は、目まぐるしい展開やエンタメに慣れきった現代人(自分含む)には基本しんどいものだ、と考えて間違いない。けれど、そのしんどさを魅力に変えているのが、世界レベルの演出と、音楽を作る人たちなのだと思う。

いつも思うけれど、私自身は、オペラの中の登場人物に魅せられる。衣装や舞台がどんなに素晴らしくても、歌手が観る人を惹きつけることが出来なければ、2時間半ないしは3時間はとても長く感じられるだろう。逆に舞台や演出はいつも歌手の魅力や音楽・世界観を際立たせるものでなくてはならない。オペラ歌手というと、もっと感覚的で、持ち前の声の良さだけで生きているようなイメージが一部あるけれど、世界の最先端で活躍する人達は、(もちろん才能があり、既に多くの中から選ばれた人達ではあるけれど)常にトレーニングを積み、たくさんのレパートリーを習得し、常に観客を惹きつけるようなパフォーマンスを要求されている。しかも、長年愛されているオペラという「古典」の領域で。そう考えると、新演出の舞台が成功する、ということはある意味、何かの奇跡なのかな、とも思う。

 

今回はヨンチェヴァの(独自の解釈という)高潔なトスカ、グリゴーロが表現した複雑なカヴァラドッシが本当に良かったと思う。スカルピア役も人柄に奥行きがあって、「ああ、こういう人いそうだよね。。」みたいな気分になった。舞台演出とか美術については、私はあまり目がいかなかったのですが、思い返してみるとそれぞれの幕で作られていた舞台の小道具が素晴らしく、本当に映画のような舞台だったと思う。

 

ぜんぜん話は違うけれど、去年くらいから友達と黒澤映画を1本ずつ観ることにしている(2,3ヶ月に1回くらい)。

彼の映画は長いし、日本映画なのに早口すぎて何を言っているか分からないことが多いのに、不思議と2-3時間終始惹きつけられる。それは、登場人物に魅力とリアリティがあるからだ、と思う。そういうところは少しオペラと似ているな。

スポンサーサイト

コメント