「椿姫を見る前に・・・」 あらすじ&簡単な解説

-----------------------------
【主要登場人物と簡単なあらすじ】

ヴィオレッタ(椿姫)・・・パリの高級娼婦。肺病にかかっている。ソプラノ

アルフレード・・・田舎出身の青年。ヴィオレッタに求愛。テノール

ジェルモン・・・アルフレードの父親。二人の中に反対する。バリトン

 

パリの高級娼婦ヴィオレッタはパーティの場でアルフレードと出会い恋仲になる。
郊外で暮らし始めた二人だが、ヴィオレッタの下にアルフレードの父ジェルモンが現れ、家のために別れるように求めてくる。苦悩の末ジェルモンの要求を受け入れたヴィオレッタをアルフレードはパーティの場で裏切者と罵り立ち去る。
数ヵ月後、ヴィオレッタはジェルモンから謝罪の手紙を受け取るが時既に遅く、かけつけたアルフレードの腕の中で彼女は息絶える。

 

【概要・幕ごとの詳しいあらすじ】
 

 

-----------------------------
【動画のご紹介】

※オペラは演出により衣装や立ち位置・演技などがガラリと変わります。

ここでは字幕も関係もありいろいろな劇場・演出の動画を選んでみました。


1.「乾杯の歌」(1幕はじめ)
1幕の頭でアルフレードが歌い始める有名なナンバー。
アルフレードが胸に燃え上がる心を歌う一方で、ヴィオレッタは今の快楽にただ浸りましょう、と歌う。
https://youtu.be/UZvgmpiQCcI (英語字幕・アルフレード役は当日同じ)
対応する日本語:http://aktennotiz.jugem.jp/?eid=216

 

下記編集中・・・。

 

スポンサーサイト

コメント