Fred Herschの自伝とO Grande Amor

ちょこちょこ紹介していますが、Fred Hersch(アメリカのジャズピアニスト)の自伝を最近読み非常に感銘を受けました。

 

Good Things Happen Slowly: A Life In and Out of Jazz

昨年の9月に発売され、英語版しか出ていないのですがKindleだと安かったのと、単語を簡単に調べられるので比較的さくさく読めました。題名の"Good Things Happen Slowly"とは、Herschが病に倒れた際に医者から言われた"Good Things Happen Slowly, but bad things happen fast"という言葉から来ています。

 

私は正直に言うとにわかファンで、コンサートも一回しか行ったことがないし、CDもこれから集めようと思っているところなので、何も偉そうなことは言えません。何よりピアノ弾けないし。けれど、彼が自分の言葉で語った彼の人生は非常に興味深かったし、時にストレートで赤裸々な筆致は、彼が素晴らしいジャズピアニストだということを置いておいても面白い読み物でした(音楽だけでなく文才もあるといふ。。)。

 

物語はHerschがどのような両親の下に育ったか、音楽との馴れ初め、ジャズの世界にどのようにinvolvedされていったか、と多少の前後はあれど年代順に話が進められていきます。著名なジャズミュージシャンとの共演、そして20-30代の頃は様々な仕事をする上でどのように感じたかが彼の正直な言葉で語られていて、本当に面白いです。名前が出てくる大物ミュージシャンの中には、CDを聴いたことのない人もいるので、勉強になります。Herschはインストゥルメンタルであれ、詩の内容を理解して演奏することがとても重要だ、と語っていて、シンガーとも多くの録音を行っています。文章を読んでいても、歌の持つ力を理解しており、dictionに優れたシンガーへのリスペクトが見られます(ここがピアニストからだけでなく、多くのシンガーからも愛される理由なのかも)。詩や小説に対しても造詣が深く、ホイットマンの「草の葉」をベースにした作曲も行ったそうです。

 

後半からは彼の病気のことと、パートナーであるScottとの出会いや関係について、新しい音楽との関係構築についてが語られています。既にたくさんの悲しみを知っているFredが、最愛のパートナーと出会い、幸せに満ちた生活を送るところは本当に泣けてきます。自分がどんな人間であるか、どんな病気を乗り越えて来たか、ということは自分の音楽を聴いてもらう上では関係のない情報だけれど、ジャズというのは個人の音楽を聴いてもらうものであり、自分の人生の経験は全て自分の音楽に表れている。。という様なことを書いていました。

先日のソロコンサートでも弾いてくれたのですが、彼の演奏するJobimの「O Grande Amor(大いなる愛)」という曲がとても好きです。この曲の内容は(私による意訳ですが)「人には必ず運命の人がいる。絶望から逃れるためには、そう信じなくては人は生きていけない。だからどんなことになっても、人は大いなる愛を勝ち取らなくてはならない。そして、多くの悲しみを乗り越えた人にだけ訪れるものなのだ」みたいな歌詞です。聴くたびに泣けてきます。人の人生には、やっぱり愛が必要なのだ、となんだか本と彼の音楽を通して教えてもらったような気持ちになりました。

 

今までに聴いたクラシック音楽〜協奏曲編〜

今までに聴いたピアノ&ヴァイオリンなどの協奏曲のまとめ。

ラフマやラヴェルなどは好きで複数回聴いている・・・。

 

作曲者 題名
ラフマニノフ ピアノ協奏曲1番 マリインスキー&マツーエフ
ピアノ協奏曲2番
ピアノ協奏曲3番
チャイコフスキー ピアノ協奏曲 第1番 RNO&牛田
チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲
ショパン ピアノ協奏曲1番

・トゥールーズ・キャピトル&アヴデーエワ

・N響&リエツキ

・フジコ・ヘミング

ラヴェル ピアノ協奏曲

N響&Yuja Wang

N響&ティボーテ

神奈川フィル&小菅優

左手のためのピアノ協奏曲 読響&河村 尚子
ガーシュウィン ピアノ協奏曲 へ調 都響&アンドリュー・リットン
ラプソディー・イン・ブルー

日フィル

小曽根

ショスタコーヴィチ ピアノ協奏曲2番 名フィル&田村響
ベルク ピアノ協奏曲(ある天使の思い出に)
サン・サーンス ヴァイオリン協奏曲第三番 N響&樫本
エルガー ヴァイオリン協奏曲 ドイツ・ベルリン交響楽団
メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲作品64
ブラームス ヴァイオリン協奏曲1番 フィルハーモニア&ヒラリン
ブルッフ ヴァイオリン協奏曲1番 2回
コルンゴルト ヴァイオリン協奏曲 
プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲 2番 N響&ジェームズ・エーネス
バルトーク 2台のピアノと打楽器のための協奏曲
モーツァルト ピアノ協奏曲25番
モーツァルト 2台のピアノのための協奏曲 N響&小曽根・チックコリア
グリエール ホルン協奏曲

 

2017年、ありがとうございました。

2017年もあと3日と少し。今年も早かったなぁ。

 

去年の末からジャズのライブをちょこちょこと始めさせて頂きました。リーダーライブも5本ほどやりました(4/5が強雨だったけど)。ライブやってもお客さん来てくれないんじゃないかな、と思って躊躇することもありますが、いろいろなマジックが働いて(或いは地道な押し売り営業活動が花開いて)、たくさんのお客さまに恵まれることもあり、なんとかやってきました。

 

2018年は、セッションにたくさん行く、ジャズをたくさん聴く(ライブCD問わず)、そのアウトプットとして自分のライブをする、あと英会話の強化(具体的には語彙を増やす、リスニング能力をあげる)。この4つに焦点を絞りたい。苦手な譜面作り&聴き取り作業もちょこちょこやっていきます。あとは2月のライブまでにマイマイクを買いたいかな。

 

クラシック音楽を聴かなくなることはないと思いますが、来年は一旦脇に置きたいと思います(既に2018年上半期はコンサートを月1で聴きに行く予定が入ってますが^^;)。

 

自分の精神的・筋肉的に甘い部分、理論的に理解できていない部分、出来ていないことさえ分かってない部分、分かっているけど本番では出来ていない部分が多くあり、それを少しでも減らせるように努力したいです。これは、前はどう処理すれば良いか分からなかった部分なので、少しは進歩しているのかな、と。楽しかったね、良かったね、だけじゃなくて、何か自分が音楽に投資してきたお金やら時間やらを、来てくれるお客さんに何らかの形で還元出来たら、という気持ちでやっていきたいです。

 

来年のライブは2月3日(土)15:00から大泉学園in Fでお届けします。いつもの尾崎さんとのDUOに、ゲストとして池袋somethin' jazz club社長の中野優樹(b)さんをお呼びしています。トリオならではの曲をやってみようかなと思っています。今までDuoでやってきた曲から選曲しようと思っていたのですが、新しくやりたい曲が結構あったので年末に覚えようと思います。。

 

かわいいフライヤーはこちら!Designed by Yuka Misaki

クラシック音楽のマナー

クラシック音楽のマナー

って書くとなんか敷居が高いですけど、皆が楽しむために必要なもの、それがマナー。

もちろん、聴いている人も人間です。携帯電話、消し忘れることあります。眠くなることもあります。でも、皆が皆、「自分も音楽の一部なのだ」「真剣に聴いている人がいるのだ」という認識を少しでも持てば、演奏会はもっと良いものになるはず!

 

クラシックスキー(愛好家)は基本、音に敏感です。

携帯の音が鳴るのは論外として(人間だから消し忘れることはもちろんあるけれど)、咳、くしゃみ、いびき、荷物をがさがさ、飴をがさがさ・・・これらは音楽を本当に聴こうとしている人々にとって超邪魔です。集中力を欠きます。クラシックスキーは、音が空気の中に乗って遊んでいるところを聴きたいのです!他の音は邪魔なのです!

 

フラブラ・・・フライングブラボーのこと。時に全てを台無しにします。

フライング拍手・・・間違った場所(小節の途中)、指揮者が腕を下ろしていないのに拍手が起きて余韻が台無しになること。

 

後、私が最近気になっているのが写真撮影についてです。

撮影中の写真撮影・録音は基本的に禁止です(稀に出演者がOKした場合などは部分的に撮影できることがあります)。

たまに見かけるのが、開演前のホールの様子をぱしゃぱしゃとってSNSに上げている人々。ジャズのコンサートがクラシックのホール(オペラシティ・浜離宮・オーチャード・サントリーなどなど)で開催されることもあるので、ジャズの雰囲気・マナーに慣れている人は知らないのかもしれませんが、会場によっては「ホールの撮影自体を禁止」していることがあります。たまに撮影してて注意されてる人も見かけます。でも、係の人が全員を注意出来るわけではないので、結構ぱしゃぱしゃと音が聴こえてきて、「撮ったもん勝ち」みたいになってるのか。。と思いました。写真を撮ることに興味ない私としては、なんだかうるさいなぁ、と思ってました。そんなに「私行きました!」ってSNSに載せたいかな。。体験した身一つで十分な気がします。

会場によってはもちろん撮影できるところもありますので、写真撮りたい場合は会場の人に聞いてから撮るのが確実ではないでしょうか。。

をんがく

をんがくには絶賛片思い中です。辛いです。ワンサイディドラブフォーエヴァー。

 

歌うこと、聴くことを通して、私は自分自身のいろいろな感情を知り、傷付いたり、あるいは、喜んだり、している。

正直、だめな自分が抉り出されてきて、つらい。

そして、つまらないなぁ、来なきゃ良かったなぁ、という演奏を聴くこともある。

自分自身も、そういう演奏をしてしまうこともあるかもしれない。

けれど、そういう感情でさえ、をんがくと関わっていなかったら、知らずにいたもの、湧き上がることがなかったものだ、と思えば、いとおしいきがする。。

 

これはれんあいなのだから、相手にも誠実に、真摯に向き合わなければならないのです。

自分がどんなに成熟とは程遠いとしても。

website

websiteを作ってみました。

内容はたいしたことないけど、blogよりは見やすいかなー。

 

https://yukakoeto.wixsite.com/index

2016年にやったこと纏め

今年やったこと

・初名古屋、初三重県
・初石川県
・読書会に参加させて頂いた
・マタイ受難曲を聴いたよ←3時間半休みなし
・三大レクイエム聴いた
・ジブリ美術館に2回も行った
・初めて髪を染めた
・ネトレプコのリサイタルを聴いた
・本格的なお花見に参加した
・すみだがわ花火をスカイツリー見ながら鑑賞
・ダフクロ全曲演奏会に行ったよ
・上野学園のWSに参加してみた
・チックコリアと小曽根さん聴いた
・独検2級合格した
・ポルトガル語で歌い始める
・ブラジル音楽セッションにも行った
・ウクレレ弾いてみた
・自分の曲を作ってみたりした。完成してないけど。
・ブルーノートに行ってみた
・即興音楽ワークショップにも参加してみた
・ジャズの新しいお店など足を運んでみた
・後の鑑賞履歴はブログ見てね
1