ニューヨーク・フィルハーモニック 2018来日公演(pf. ユジャ・ワン)

2018年3月13日 (火) 19:00 開演 (18:30 開場)
会場:サントリーホール

出演
オーケストラ: ニューヨーク・フィルハーモニック 
指揮: ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン 
ピアノ: ユジャ・ワン 

 

プログラム:
ブラームス: ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 op.15
ストラヴィンスキー: バレエ「春の祭典」
アンコール:
シューベルト/リスト編曲:糸を紡ぐグレートヒェン(ピアノ・アンコール)
メンデルスゾーン:無言歌集 op.67-2 失われた幻影(ピアノ・アンコール)
ワーグナー:楽劇『ワルキューレ』からワルキューレの騎行
1年半ぶりのユジャ・ワンでした。サントリーホールも久しぶり。
あまり予習する時間もなく臨んだピアコン1番と春祭でしたが、終始オーケストラとピアノの音に釘付けでした。。
ブラームスのピアノコンチェルトは実は2つとも聴いたことがありません。vlnコンチェルト(D-mor)の方は2度ほど聴いたことがあるのに。第一楽章は同じ主題が何度も繰り返される曲で、時として飽きてしまうことがある曲、という風にどこかで読みましたが、そんなことは全然なく、どんな風に主題が変化をつけて弾かれるのかがとてもスリリングでした。譜面の決まっているクラシックのはずなのに、ある意味ジャズ的というか。。ユジャ・ワンは本当に様々なレパートリーを弾きこなしていて凄いです。この曲の別の演奏を聴いたことがないので相対的な感想は言えないのだけど、技巧的に難しい曲であっても音の粒を揃える、緩急のつけ方、曲の理解、オーケストラとの呼吸などどれをとっても素晴らしかったと思います。。
アンコールも2曲弾いてくれました。超絶技巧を弾くのかなー、と思っていたけれど、どちらも静かにたたみかけるような曲。グレートヒェンは大好きな曲なので聴けて良かった^^相変わらずスタイルも崩れないし、かっこいいなー、と思いました。。
そして春の祭典。。これは本当に凄い曲だった。コンチェルトから管も弦も人数が追加されて、サントリーホールの舞台に100人程が所狭しと乗っていました。予習もそんなにしていなかったし、どこで終わるのとかもよく分かっていなかったのだけれど、約35分間呆然と聴いている間に音楽が終わってしまった感じ。よく分からないけど、なんだか物凄い音楽。楽器がそれぞれ即興音楽をはじめたかのようにばらばらに始まる出だし、中盤の爆音、の後の静寂。。ロシア人の春のイメージってなんだか凄まじい。購入したプログラムによると、「ロシアでは冬が厳しすぎて春の神様というのも荒ぶる性質を持っている」みたいな文章が印象的。ロシア人の持つ詩的な世界・神話の世界・自然への感性には圧倒されます。また、「バレエ音楽」であるという点も、人間の身体表現と深く結びついた音楽なのかなぁ。と思いました。ブーレーズが書いたという「ストラヴィンスキーは生きている」という論文も気になりました。
チケットがお高いせいか皆まじめに聴いていて好感がもてました。アメリカ人?の招待客?もちらほら。久々に良いクラシックコンサートを聴いた。

マリインスキー歌劇場管弦楽団@サントリーホール

ワレリー・ゲルギエフ指揮 マリインスキー歌劇場管弦楽団 デニス・マツーエフ(ピアノ)

2017年12月10日(日) 13:00 

@サントリーホール


ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番 嬰へ短調 Op. 1

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op. 18 (ピアノ:デニス・マツーエフ)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ラフマニノフ:交響曲第2番 ホ短調 Op. 27

 

*ラフマニノフ:前奏曲 嬰ト短調Op.32-12(ソリストアンコール:デニス・マツーエフ)

*ヴェルティ:"運命の力"序曲(オーケストラアンコール) 

 

初ゲルギーで初マリインスキーを聴きに行って来ました。

マツーエフはクラシックのみならず、ジャズも演奏するらしく、Youtubeを観てから注目していました。20年前のチャイコンで優勝しています。

 

1番は初めてだったのですが、キャッチーで泣けるメロディはラフマニノフそのもので悪くはないのに、何であまり演奏機会がないのかな?尺などプログラム作りにもよるのかもしれませんが。

協奏曲2番は凄いスピードでした。いまだかつて聴いたことのないスピードだったので、演奏する方は大変だったと思います。もう少しゆったりした感じで良かったと思います。

 

アンコールのプレリュードは流石という感じで、ラフマなのにまるでドビュッシーを弾いているような繊細な美しさがありました。ダイナミックなのに、ピアニッシモは繊細で重さがあって美しいピアノだった。

「運命の力」も大好きな曲だったので嬉しかったです。ゲルギー指揮のオペラも聴いてみたいなぁ。

2017年7月17日(月・祝)デトロイト交響楽団feat.小曽根 真

【指揮】レナード・スラットキン
【ピアノ】小曽根 真(*)
【管弦楽】デトロイト交響楽団

@文京シビックホール 15:00開演

 

バーンスタイン/「キャンディード」序曲
バーバー/弦楽のためのアダージョ
ガーシュウィン/ラプソディ・イン・ブルー(*)
コープランド/交響曲第3番

 

(アンコール)

菅野よう子/花は咲く(ピアノソロ)
F.スラットキン/悪魔の夢(オケ)

2016年4月16日(土) 日本フィルハーモニー 第316回横浜定期演奏会<春季>@みなとみらいホール

日本フィルハーモニー 第316回横浜定期演奏会<春季>
@みなとみらいホール
2016年4月16日(土) 18:00

ヴェルディ:レクイエム
Giuseppe VERDI: Messa da Requiem

指揮:ピエタリ・インキネン[首席客演指揮者]
ソプラノ:大隅智佳子(代役:安藤赴美子)
メゾソプラノ:池田香織
テノール:錦織 健
バス:妻屋秀和
合唱:晋友会合唱団
Conductor: Pietari INKINEN, Principal Guest Conductor
Soprano: ANDO Fumiko
Mezzo-soprano: IKEDA Kaori
Tenor: NISHIKIORI Ken
Bariton: TSUMAYA Hidekazu
Chorus: Shinyukai Choir

母の誕生日を祝ってからのヴェルレク。妻屋さんすごいー。

2016年3月11日(金) J.Sバッハ『マタイ受難曲』 聖トーマス教会合唱団&ゲヴァントハウス管弦楽団 

聖トーマス教会合唱団&ゲヴァントハウス管弦楽団 
J.Sバッハ『マタイ受難曲』

2016/3/11[金] 18:30開演 東京芸術劇場 コンサートホール

 

【曲目】
J.S.バッハ:マタイ受難曲


【出演】
聖トーマス教会合唱団
ゲヴァントハウス管弦楽団
ゴットホルト・シュヴァルツ (指揮)
シビッラ・ルーベンス (ソプラノ)
マリー=クロード・シャピュイ (アルト)
ベンジャミン・ブルンス[福音史家] (テノール)※体調不良で降板
マルティン・ペッツォルト (テノール)※福音史家も兼ねる
クラウス・ヘーガー[キリスト] (バス)
フローリアン・ベッシュ (バス)


 

11月26日(木) フィンランド・ラハティ交響楽団 生誕150年記念 シベリウス交響曲サイクル

フィンランド・ラハティ交響楽団 生誕150年記念 シベリウス交響曲サイクル

@オペラシティ

 

指揮:オッコ・カム
フィンランド・ラハティ交響楽団

シベリウス:交響曲第1番 ホ短調 op.39 
シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 op.43

シベリウス:
・ミランダ(組曲「テンペスト」op.109より 第2番 第6曲)
・行列 JS54
・間奏曲(「ペレアスとメリザンド」op.46より)

 

シベリウスの演奏にかけては世界1(?)と名高いラハティ交響楽団を聴きにオペラシティへ。

生誕150年おめでとう!!

2015年11月4日(祝) NHK音楽祭2015 チェコ・フィルハーモニー@NHKホール

NHK音楽祭2015 チェコ・フィルハーモニー@NHKホール

 

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
イルジー・ビエロフラーヴェク 指揮

 

スメタナ/わが祖国

アンコール ドヴォルザーク/スラブ舞曲 作品72 第1