2017年12月15日(金)「METライブビューイング『魔笛』を観てあーだーこーだ語る会」を催しました。

12月15日(金)、第二回目のMETライブビューイングを観てあーだこーだと語る会をせいこさんと開きました。ご参加くださった方、どうもありがとうございました。

 

もともとはクラシック好きの私と様々な場作りをしているせいこさんが(せいこさんの主催していた)読書会で出会い、その後のSNSでお互いの動向を探り合ったのち(笑)、メッセージのやりとりを経てこの会を開くことになりました。

 

前回の「椿姫」を観てあーだーこーだ語る会のレポートはこちら(2017/4/11開催):

http://aktennotiz.jugem.jp/manage/?mode=write&eid=226

 

前回同様、

・オペラをMETライブビューイングを通じて気軽に観てもらい、面白さを皆で分かち合う

・事前に予習サイトを作成し、あらすじやアリアなどの予習をお願いする

・みんなで観た後に、ざっくばらんに感想を言い合う(主には鑑賞した「魔笛」について感想を言い合い、その他MET・オペラ・芸術全般に焦点を当てて話す)

という形にしました。

 

前回と主に変わったところは平日の朝〜昼にかけて開催したところ、会場を新宿にしたところ、Peatix経由で募集をかけたところでしょうか。演目自体も前回の「椿姫」とだいぶ違う内容の「魔笛」だったので、会を開催してみるまでどういった方向に話が行くのか読めませんでしたが、全体として芸術やエンタメとは何かと考えさせる良い場となったと思います^^そして参加してくださった皆さんも、それぞれ違った立場で芸術を愛する方々で、話していてとても楽しかったです!

 

私自身の感想としては、やはり「芸術」とは、少し分かり辛いものだけれど、観た人自身が完結させなければならない未完成の部分を孕んでるのだなぁ、と思いました。分かりやすい映画やドラマのように、すべてを説明しない、そして観る側も説明を求めない。オペラについては、同時にエンタメ要素が皆無でもダメで、常に歌手はレベルアップを求められ、新しくでも伝統を汚さない演出を必要とする。オペラという文化が今日も現在進行形で生きているのは、本当に芸術を愛する人の手で守られているからなんだなぁ、と思いました。

 

以下は雑多ですが、私が思ったこと、「語る会」で出た意見などです(思い出したら追加)。

 

【物語展開について】

・子どもの頃は分からなかった、「勧善懲悪」の「悪」の心理が大人になって分かるようになり、感情移入しやすくなった。

・場面の転換が多く沢山の主人公に焦点が当たるため、感情移入しづらい部分があったが、それぞれの歌手の歌唱力や演技力が素晴らしく、そうした部分を補って観ることが出来た。

・愛の語らいやその他のシーンに比べて、女王や大蛇など強大な力の消滅などがあっけなく描かれていた。

→これは、「精神性」こそが最も尊く、神に近づけるという考え方なのかも。

・王子は、試練に乗り越えると言っても具体的に何もしていない(物理的に)ように見えるのに、高尚な精神を持っているから素晴らしい、という描写になっている。

・説明不足な点を(夜の女王とザラストロの関係とか)いろいろと想像してみるのが楽しかった。

・「ボーイミーツガール」的な要素において、「何故タミーノとパミーナが恋に落ちるのか?」という説明が省かれていて、高尚な精神を手に入れるまでの過程に焦点を置いていた。

→最近の映画やドラマなどでは「なぜその人と恋に落ちるのか?その人でなければいけないのか」ということに焦点を置いていることが多い気がするので、物語としてはおとぎ話的な意味合いが強い気がする。

 

【オペラという芸術について】

・伏線を回収する映画やドラマなどに慣れていると、説明のつかない描写に疑問を持ってしまうけれど、伝統的な文化(オペラや日本の文楽や歌舞伎)ではそうした物語の中で説明されない「遊び」の部分が多く、観る人に想像させるようなところがある。

・オペラだと愛を語る場面に時間を割くけれど、他の伝統芸能である文楽や能・歌舞伎・バレエなど、それぞれが得意とする表現方法があり、それぞれ違った魅力がある。

・オペラの歌唱というと、理論や理屈なしの「自己表現」というイメージがあるが、実は音楽も演出も含めとても緻密に計算されている。そして理屈と実践を行ったり来たりして、二つが融合した表現を生み出している。これは音楽だけでなく美術や文学にもあてはまり、理屈だけでも実践だけでも辿り着けない世界がある。

・歌手のレベルは年々上がっていて、フィギアスケートや体操などのアスリートのよう。

 

【世界観】

・メイクや舞台美術などが様々な文化からの引用(バレエリュスなど)が感じられた。動物擬人やオリエンタリズムからの引用も面白い。

・エジプト風の舞台は当日の流行(?)

・勧善懲悪の世界観はどこかキリスト教っぽい

・「男を惑わす女」という男女の描かれ方が気になった。現代の歌手がそうしたト書きに直面すると、演じる葛藤などもあるのではないか(タミーナ役の歌手は、インタビューの中で彼女を「自立した女性」として捉えている)。

 

【キャラクターについて】

・衣装や演技などでキャラクターによってはコミカルに作られていて、メリハリが効いた演出となっていた。

・3人の子供が可愛かった!

・夜の女王の演技が本当に素晴らしかった。全体で12分しかでないのに、「地獄の復讐はこの胸に燃え」にすべてをもっていかれた感じ。

・パパゲーノはモーツァルト自身のキャラクターに似ている気がする。一番感情移入しやすい人物。

・対してタミーノは少し感情移入しづらかった。メイクも歌舞伎や京劇風などが混在している。

・3人の侍女の仮面の表情が絶妙で素敵だった。

・太陽と叡智の象徴としてザラストロが描かれているところはちょっと分かり辛かった。彼の存在は何だったのか?

 

【その他】

・「パパパ」の曲は昔パナップのCMで使われていて、懐かしかった。

https://m.youtube.com/watch?v=WJ-pv4uGyMo

 

 

オペラ鑑賞 | comments(0) | -

2018年1月-2月のライブスケジュール

2018.01.05(Fri) Session

@大宮アコースティックハウスジャム

ts. 三浦 穣 p. 吉田直樹 b. 畑中利文

19:30-22:00

 

2018.01.26(Fri) Session

@大宮アコースティックハウスジャム

p. 吉田智恵美 b. 畑中利文

19:30-22:00

 

★2018.02.03(Sat) Afternoon Live
@大泉学園 in F
15:00-17:00[2set] Charge 2,500JPY + 1 order
pf. 尾崎琢也 b. 中野優樹

 

-----------------------

3月以降リーダーライブ

 

2018.03.16(Fri) Nippori Yoru Live

@日暮里Bar Porto

20:00-22:00(2 set) Charge 2,000JPY(1 stage 1 order)

gt. 下梶谷雅人

ライブスケジュール | comments(0) | -

11月-12月のライブ予定

11月、12月のライブ予定です。

 

★2017.11.04(Sat) Afternoon Live
@大泉学園 in F
15:00-17:00[2set] Charge 2,000JPY + order
pf. 尾崎琢也

 

☆2017.11.18(Sat) "さなえもん"発表会
@学芸大学珈琲美学 MC一般¥2500+ご飲食代+消費税(前売り2000円)

& 石川早苗ミニライヴ  

13:00頃スタート

石川早苗 (vo) 橋本信二 (g) 大谷桃 (pf) 大塚義将 (b) 吉岡大輔 (ds) 

 

ご興味のある方お気軽にお声がけください!私はお手伝いもしてます〜。

 

2017.11.24(Fri) Session

@大宮アコースティックハウスジャム

19:30-22:00

TAERU(P) 竹繁樹(B)

 

2017.12.08(Fri) Nippori Yoru Live

@日暮里Bar Porto

20:00-22:00(2 set) Charge 2,000JPY(1 stage 1 order)

gt. 下梶谷雅人

2017.12.15(Fri) 9:40 - 15:30

場をつくる人せいこさんとの企画で「オペラを観て話す会」第二弾「魔笛」をやります!

Fee: 4,000yen

 

※イベント詳細

https://peatix.com/event/326488

 

---------------------

以降決まっているライブ

 

★2018.02.03(Sat) Afternoon Live
@大泉学園 in F
15:00-17:00[2set] Charge 2,000JPY + order
pf. 尾崎琢也

 

 

ライブスケジュール | comments(0) | -

都内近郊コンサートホールについて その2

東京オペラシティ(大) 1,632席
初台のオペラシティの中に入っている木が用いられている大ホール。新国立劇場のおとなり。初台が京王線なので、アクセスはちょっと微妙。タケミツメモリアルホールと言うらしい。オケの定期公演、室内楽のコンサートで使われる。シューボックス型。割とどこに座っても音響はバランスが良い印象。2階・3階の横から覗く席は視覚的には難ありだが値段の割に損した感じない。イギリス紙の「世界の優れたコンサートホール10選」に選ばれたりしているらしい。

Looking down from a balcony, the Tokyo Opera City Concert Hall appears to be a conventional, rectangular hall. Look up, however, and the ceiling forms a giant distorted pyramid covered in complex wooden grooves. The hall shape recalls the well-regarded Maltings Concert Hall in Snape, England. Auditoria of this shape are actually quite rare, but can have excellent acoustics. At the opening night in Tokyo, celebrated cellist Yo-Yo Ma commented: “This hall simply has some of the best acoustics in which I have ever had the privilege to play.”

文京シビック(大) 1,802席

後楽園の駅と直結している便利なホール。たまに海外の中堅オケが来たりして、結構招聘企画などがんばっている様子。ただし、建物の上の方にあるホールで、3階席などに行く場合にエスカレーターがないのが致命的。。お年寄りにはきついかな。。3階席しか体験したことがありませんが、音の響きは悪くないです。舞台がちょっと遠く感じるかもしれないけど。管楽器とかめっちゃならすような演奏だと、少し手狭に感じるかも(?)

 

ミューザ川崎シンフォニーホール 1,997席
川崎駅から徒歩5分のところにあるホール。割と新しい。海外の有名オケとかも来たりする。ウィーンフィルとか。P席しか座ったことがありませんが、雰囲気も音響も良さげな印象。4階席は結構舞台から遠い。通路が狭いため、P席に座るとロビーに出るまで混雑が凄い。

横浜みなとみらいホール 2,020席
みなとみらいの駅と直結しているホール。副都心線が出来てアクセスが便利になりました。コンサートの始まりの合図は横浜らしく、銅鑼が鳴ります。3階席だとやや舞台が遠いが、音響的には問題ない。身を乗り出すと危険なので注意される。
 

国内オケ鑑賞 | comments(0) | -

都内近郊コンサートホールについて その3(小ホール)

浜離宮朝日ホール

築地市場駅近くのホール。朝日新聞社の中にある。新橋からだと結構歩く。ティグラン・ハマシアンのライブをやったり企画が結構面白い。海外の室内楽の演奏家も結構来たりする。個人的には凄く好きなホールです。カルテットを最前列で聴いた時はその美しさに泣いてしまったことを覚えています。後方席はもちろん舞台は遠いですが、音響的には問題ない気がします。

 

つづく

国内オケ鑑賞 | comments(0) | -

2017年8・9月のライブ予定

8月4日(金)   19:30-22:00 Jam Session

@大宮Acoustic House Jam

ts. 三浦 穣 p. 桑原弘臣  b. 広目 亮

ひろめ君以外は初共演です^^

Charge: 1,500JPY + order

→体調不良によりキャンセルしました。ご迷惑おかけしました。

 

★★9月21日(木) 19:30-22:00(3set

@麹町Paco

gt. 堀江洋賀

料金:2,100円+オーダー

ご飯が美味しくてアクセスも良い素敵なお店です!

お得なご飯セットがありますので、ご飯がてら聴きに来て下さい^^

10席程で満員になりますので、ご興味がある方はお声がけくださいねー。

ライブスケジュール | comments(0) | -

ナショナルシアター「フランケンシュタイン」(LV)を観て一人で悶々とした。

ナショナルシアターのライブビューイング「フランケンシュタイン(カンパーバッチ博士ver)」を一人で観てきました。

かなり鬱々とした気分になったのと、怪物が怖すぎて観た日の夜に電気を消して寝るのが怖くて寝不足になる事態が発生したので、後味の悪さが残ってしまいましたが、思ったことを自分のために書いておこうと思いました。

原作をちゃんと読んだことがなかったのですが、結構原作に忠実だったみたいですね。

 

演出:ダニー・ボイル/作:メアリー・シェリー/ 出演:ベネディクト・カンバーバッチ、ジョニー・リー・ミラー/ 音楽:アンダーワールド

 

【あらすじ】

舞台はドイツのインゴルシュタット。

怪物(名前はつけられない)が繭の中を想定した球状の布の中から這い出して来るシーンから始まる。

予定外に動き出した怪物を見て博士は彼を追い払い、怪物は外を彷徨い歩くことになる。

人間の迫害に合う怪物だが、ある日盲目の老人と出会い、彼から言葉や知性を学んでいく(息子夫婦と同居しているが、彼らが働きに出ている間に会っていた)。しかし、彼の恐ろしい姿を見た息子夫婦は、彼に暴力をふるい、追い払ってしまう。これに深く傷ついた怪物は、文学や歴史から学んだ「裏切られたら復讐だ!」という言葉の通り復讐を実行し、老人の家に火を放って焼き殺してしまう。

自分が持っていた博士の日記から、自分を作った博士の居場所を突き止める怪物。スイスのジュネーブにやってきて、博士の幼い弟に出会うが、彼を誘き出すためにこの男の子も殺してしまう。博士と対峙した怪物は、彼に「唯一の要求」として自分の伴侶となる女性を作るように脅迫し、博士もこれに応じるが、完成間近で約束を反故にしていまう。その復讐として怪物は、博士の結婚式当日に博士の妻のエリザベスを殺し、逃亡する。

終わりでは原作通りに、怪物を追って北極に辿り着く博士と怪物との愛憎が描かれている。

 

感想は「続きを読む」にて

続きを読む
芸術 | comments(0) | -